痛みを抑えた治療

できるだけ痛みを伴わない治療

当院では痛みを抑えるため、いろいろな麻酔をご用意しております。
できるだけリラックスした状態で治療を受けていただくため、最大限の努力をいたします。
静脈内鎮静法も可能、歯医者が苦手な方も安心

「痛いのが嫌だ」
「緊張して疲れる」
「歯医者が怖い」

このようなことを思われている方はたくさんいらっしゃいます。痛くない治療をするためには「麻酔」が欠かせません。当院では少しでも痛みを抑えるために、麻酔をするための麻酔、表面麻酔や極細の針を使い麻酔を行ないます。

おもな麻酔メニュー

表面麻酔表面麻酔

表面麻酔とは、局所麻酔を行なう前に皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行なう麻酔法です。塗り薬タイプやスプレータイプのものなどがあります。表面麻酔を歯ぐきの表面に塗ることによって、注射を刺すときの痛みを軽減させることができます。

電動麻酔電動麻酔

麻酔注射は針を刺すときだけに痛みが生じるのではなく、麻酔薬を注入するときにかかえる圧力で痛みを感じることもあります。当院では電動麻酔という装置を導入し、電動麻酔器で麻酔薬の注入速度をコントロールしております。電動麻酔器で行うことで余計な圧力をかけずに痛みや不快感をに抑えることができます。

33ゲージの細い針33ゲージの細い針

麻酔針にはいろいろな種類があります。細ければ細いほど痛みが少なくなります。当院では麻酔針の中でももっとも細い33ゲージ(0.26mm)の針を使用してます。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、静脈内点滴によって催眠沈静導入剤を少量投与し、緊張感や恐怖感などのない、眠りに落ちたような夢心地の状態にする麻酔方法です。健忘効果もあるため、手術中の記憶はほとんど残りません。しかしながら全身麻酔とは異なりますので、完全に意識が消失することもなく、全身麻酔よりも 早く回復できます。当医院ではインプラント治療や歯周再生療法などの外科処置を行うときなどに使用することが出来ます。痛みや音なども気にならなくなります。ただし、施術後しばらくは眠気やふらつきがありますので、車の運転などはお控えください。
※静脈内鎮静法は自費診療となります。

<静脈内鎮静法の特徴>

  • 気分が落ち着いてリラックスできる
  • 健忘効果で、治療中のことを覚えていられない
  • 治療時間が短く感じられる
  • 嘔吐反射が強い方でも、吐き気を抑えて治療できる

当院では、静脈内鎮静法のご希望があれば、麻酔専門医を呼んで手術を行いますので、安心して治療を受けていただけます。

確かな技術で信頼と安心の治療を
本当に困っている方は今すぐご相談ください
入念なカウンセリングと診断に基づいた
独自の治療計画を立案、患者様一人ひとりに
オーダーメイドな治療を実践しています。
あなたも、上質な診療を体感してみませんか?
045-651-6488 お問い合わせはこちら