コロナウイルスと歯科治療

  • 2020年04月11日

 久しぶりの院長ブログ更新です。我々港成会は4月10日より政府から緊急事態宣言が発令される前からコロナ対策を協議しております。

 3月初旬に掲示板に示している内容を決め、従業員に申し訳無いと思いつつ三密指導まで行い、私生活まで踏み込んで指示を出しております。医療従事者が一般の方よりも注意をして生活をするのは当たり前ですが、いつまで続くかと思うとゾッとします。

 アイランドタワーデンタルオフィスでは高度歯科医療専門病院として歯周外科、インプラント治療をメインにしたクリニックで一般歯科院の3倍の医療用空気清浄機(エアロサービス)を導入しています。毎回、使用する器具の滅菌・ユニット及び室内のアルコールの消毒はコロナウィルスの流行を受ける以前から変わらず行っております。また、歯科医師のマスクはサージカルマスクに準ずる機能を備えている物を使用し患者様ごとのグローブの交換・手洗いをスタッフ全てに徹底をしております。

 しかし、今回のコロナウィルスの感染力に関しては通常のウィルスの感染力と比べると強力な様に思われます。ですので、当院でもこちらのウィルスに対しては以下の様な対策をさせていただいております。
・待合室及びトイレ・診療室の入り口などをこまめにアルコールで消毒を行わせていただきます。
・受付横にアルコールの消毒液を備え付けておきますので診察券を提出するまえに消毒をお願いします。
・37度5分を超える発熱をされている患者様は大変申し訳ありませんが診察をお断りさせていただきます。
・全てのスタッフがゴーグル及びマスクを着用してでの対応となります。
・感染者及びスタッフの家族などに感染者が出た場合などは急遽休診となる場合があります。

 以上が当院のコロナウィルス感染症対策となっています。
 また、もう一つ考えられることが医療物資の不足です。現在、港成会では以前のSARS感染の広がりを受けたときに医療物資の不足がおきた経験から、昨年末の中国での新型肺炎の報道を受けたおりに危機感を感じ、法人全体で医療物資の確保は常識の範囲内ではしておりました。現在当院では医療物資の不足などは全くなく、マスク・グローブの使い回しなどは行っておりません。しかし、現在全く物資が入ってこない状態が続けば現在の診療の体制が維持できなくなる可能性があります。その場合は、患者様への感染の拡大やスタッフの安全のために医療物資の安定元に戻るまで休診とさせて頂く可能性がございます。患者様には多大なご迷惑をおかけすると思いますが何卒ご容赦ください。

 歯科の病気は死に直結するものでは無いので緊急性は低いとマスメディアなどで言われてはおります。しかし、科学的に証明がされています口腔清掃の向上はウィルス感染予防の重要な一つでもあります。また、口腔内の不調和やお食事が取りずらい状態はご自身が思っている以上にストレスとなります。皆さんのお口の中のQOLを少しでも維持していけるようスタッフ一同努めてまいります。何か気になることありましたらいつでもご連絡ください。

関連記事:http://www.nsigr.or.jp/coronavirus.html

不安定な日々が続きますが皆様無理せずお体ご自愛ください。

アイランドタワーデンタルオフィス 院長 眞野壮一郎

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ