お口の中の舌の位置、今どこにありますか?

  • 2017年03月16日

 

 皆さん こんにちは~(*´ω`*)ノ

 

最近、日中は大分暖かくなり道に咲くお花も春らしくなりましたね~

横浜の桜が満開になるのは4月3日当たりだそうです。

私はアイランドタワーデンタルオフィスの近くにある

さくら通りの桜並木を歩きながらお花見するのが大好きなので

毎日満開になるのを楽しみにソワソワ、ワクワクしています( ´艸`)♪

皆さんのオススメお花見スポットがあったら是非!教えてくださいね♪

 

さて、今回のブログの内容はスポットつながりでお口の中の

スポットポジションについて書いていきたいと思います! ・・・ムリヤリですね(-_-;)

image

 

スポットポジションとはお口の中での舌のあるべき位置の事です。

 ←少しわかりにくくてスミマセン(T□T)

上の前歯の真ん中2本の真裏にある膨らみをスポットと言います。

舌先がスポットに当たり舌全体が上顎に吸い付いてる状態が

舌の正しい位置です。この時、舌先が前歯に付いてはいけません!

 

反対咬合(受け口)だった私は、歯列矯正するまで下の前歯の裏側が舌の定位置で

スポットポジションを教わった時に、違和感と舌の筋肉の疲労感に驚きました(´・ω・`;)

皆さんも是非、今確認してみてください。どうでしたか?

スポットポジションに舌がある時、辛さを感じた方は舌の筋肉が低下しています。

舌の筋肉が衰え、スポットポジションに舌が収まっていないままだと

顔のゆがみやたるみ・二重あごの原因になったり

口呼吸になりやすく乾燥による口臭や歯周病・虫歯の原因にもなりますし

歯並びにも大いに関わりますので、お子様のいる方は

お子様のお口の中、舌の位置や癖を気にして見てあげてくださいね。

 

そして、是非お試し頂きたいのが『 あいうべ体操 』『 ホッピング 』です!!!

 

 

あいうべ体操とは・・・

その名の通りお口を大きく”あいう”と動かし

最後に舌を”べ~”と出す運動です。

ゆっくりと5秒程かけながら

毎日30回を目安にやってみてください。

※顎がカクカクする顎関節症の方は

無理をしない様、要注意です。

あいうべ体操と一緒にやって頂きたいのが

☆ホッピングです☆

 

ホッピングとは・・・

スポットポジションに舌を合わせ、舌全体を上顎に吸い付け5秒キープします。

そして【 ポンッ 】と音がする様に勢いよく離します。

これを15回を1SETとして、1日に2回程行ってください。

 

表情筋と舌の筋肉を鍛える事で、小顔の効果も得られますよ~!!!

私も小顔を目指し毎日続けて頑張りますので

皆さんも是非! 私と一緒に始めましょ~~♪♪♪

 

   【 大 】image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ